2017/09/04

スタイル

体の歪みによって、正しい姿勢の維持やスムーズな動きが出来なくなると、” 体つき ” にも影響が出ます。
特に腰や首回り、お尻などへの脂肪の付き方、また脚の形状にも影響が出て、見た目でも 「美しい姿勢」とは言えない状態になります。

腰や首などが姿勢不良などによりより骨格的に不安定な状態になると、その不安定さを補正しようと体は脂肪を付けようとします。

例えば、” 二重あご ”になっている人は、首の後湾(なだらかな反り)が崩れ、頭が前方に垂れ下がり、首が前湾の形状になっている人が多いです。
お腹廻りに関しても、腹筋の低下などで上半身を安定して支えられなくなってくると、脂肪を浮き輪の様に蓄積させて体を安定させようとなってきます。
また、O脚やX脚に代表される様な脚のラインの乱れの原因は、骨盤の歪みの連鎖による下半身の骨格の歪みとそれに伴う下半身の筋肉の付き方の崩れから起こります。
更に女性が気になる ”バスト” に関しても、姿勢の悪さは、バストの位置も下げてしまいます。同じサイズであっても、姿勢を正しくするだけで、「バストアップ」することが可能です。

基本的に、体のラインの崩れは、運動不足や食事の問題に起因することが多いのですが、正しい姿勢をつくり、正しい動きをすれば、偏った動きが無くなり、スムーズに動かすことが出来ます。これは体のラインの崩れを防ぎ、自然と「美しい姿勢」を保持することが出来る様になるのです。そして、自然と体幹部を鍛えることとなり、「代謝の促進」にもつながるということなのです。