2019/11/29

ブログ

初めて当院へ来られるお客様で、かつて他の” 整体院 ”や” 整骨院 ”など行った時に「”  骨盤 ”が捻じれてますね~ ”と言われます」とおっしゃられます。そしてその「捻じれを改善して欲しい」と希望されます。

皆さんは、「骨盤が捻じれる = 悪い」と考えるでしょうか!?

皆さんが歩いている時、体はどの様に動いているでしょう!?
一般的には腕は交互に前後に振られ、脚は同側の腕とは逆に動き、反対側の腕と同じ動きをしているでしょう。そして体は骨盤を中心に左右に捻じれて歩いていることでしょう。
これは体が捻じれているけれど、正常な形です。
もし、同側の腕と脚を一緒に動かし骨盤を捻じらないとしたら、歩くことは出来ません。

体を捻じることで、人は二本足で” 歩く ”ことが出来るのです。

歩いている時、骨盤には小さな捻じれが交互に生じます。あるいは前腕を回旋させると二本の骨が捻じれます。
これらがバランスよく上手く連動して「捻じれ」てくれることで” 人は歩くことが出来る ”のです!
要するに「骨盤が捻じれる = 良い」ということになります!

しかし、これは「正常な捻じれ」であり、” 動きのある ”捻じれだから良いのです。

街を歩いていて、私は向って歩いてくる人を見て、「あの人は歩きが綺麗だなぁ~」と感じることがあります。
そういう人は、体の左右の捻じり方が一緒で偏りが無く、スムーズに移行しているからそう感じるのです。
要するに、体がスムーズに左右均等に捻じれて動いていれば、それは「正しい捻じれ」なのです。
つまり、左右不均衡でぎこちない動きをして歩いている体が問題なのです。その体は「捻じれている」のではなく、「歪んでいる」からです!