2019/01/28

ブログ

近年にない猛暑が続き、これからも当分続くようですが、皆さんの体調はお変りありませんか?

夏は「胸」に” エネルギー ”がこもりやすくなります。胸の真ん中あたり(壇中)を中心に硬くなります。暑苦しいなと感じた時、胸の真ん中を触ってみて下さい!とても硬くなっていることが分かるでしょう!

湿度に弱かったり、冷房などで体が冷えて汗を上手くかけなくなってしまっている人はより硬くなっています。

そして寝苦しいと感じている方は、胸全体を触ってみて下さい!肋骨全体が” カチコチ ”に硬くなっていることが分かるでしょう!肋骨が硬くなっているということは、「呼吸」も十分に出来ておらず、浅い状態となってしまってます。それでは体がリラックスした状態にもなれず、当然、眠ることもままなりません!

そういう時の対処法としては、まずは胸(肋骨)の緊張を緩めてあげることですね!
胸の真ん中(胸骨体)に両手の四指をあてがい、胸を拡げていく様に四指を肋骨に沿って外側に動かしていきます。これを数回繰り返していくと、段々胸の緊張が取れていくのが感じられてきます。

そして胸の緊張が強い時は、足首も硬くなっています。特に左側の「アキレス腱」の辺りがつっぱり硬くなり、左右差が大きくなると肋骨に” ねじれ ”が起こり、みぞおちも硬くなって” 胃腸 ”の動きも鈍くなり食欲も落ちてしまいます。

そういう時は、足首を反らしてふくらはぎの筋肉を思いっきり伸ばしたり、足首をお湯で温めてあげると良いでしょう。

足の裏からの” エネルギー ”の発散がよくなり、体も涼しく感じられる様になります。すると、汗も上手くかけるようになり、胸の熱もこもらずに発散できるようになり、胸部が柔らかくなって、呼吸も楽になって” 寝付けない ”ということも無くなります!

この様な症状でお悩みの方は是非、↑これを試してみて下さい!^^