2018/01/08

ブログ

「明けましておめでとうございます 本年も宜しくお願い申し上げます」 _(_^_)_

年の初めということで<今回は私が” 均整師 ”になった切っ掛けや” 均整 ”に対する考えなど、簡単に述べたいと思います。

まず、私が” 均整 ”に出会ったのは、大学を卒業し、会社勤めしていた頃でした。
以前から、尋常でない” 肩こり ”や” 腰痛 ”持ちであったのですが、会社勤めになった頃、精神的なプレッシャーから心身共に疲弊し、” 病んだ状態 ”でもありました。
そんな時、会員になっていた「スポーツクラブ」で、たまたまその時、均整師の先生がいらして、” 施術体験 ”のイベントをしていました。
当時、” 均整 ”という言葉は電車のつり革広告で知ってはいましたが詳細は知らず、病んでいた私は、「まぁ、マッサージしてもらえば少しは疲弊した体が緩和されるかな!?」という程度でそのイベントを受けることにしました。

いざ、施術を受けてみると、マッサージとはちょっと違ってました。背中を指で押し当てられ、「はい、息を吸って、吐いて~」という感じで。。正直、初めは「何だこれ!?(-“”-)?」という感じでした。しかし、何回か繰り返していくうちに、背中に強固にあった塊が緩み、体の力が「すーっ」と抜けていく感じがして、血液が体に巡り始めた感じがしました。
ここで先ほどとは真逆の「何だこれ!?((+_+))」という感情がわきました。
それから直にその先生の” 施術所 ”に通い始め、「体の不思議」を体験するのでありました。

生きているうちは体は常に” 変化 ”します。
良い時も悪い時もあります。
しかし、それをある範囲内にとどめ、自分で” 整復 ”できる身体づくりを目指して、私自身、「自分の身体づくり」にも励んでおります。

私は幼児期より左後頭部が凹み、顔が歪んでいました。
それによって様々な” 症状 ”が表れていました。
そんな折、「骨盤と頭蓋骨」の相関を知り、自分自身、” 骨盤矯正 (詳しくは仙腸関節調整)”とそれに伴う股関節の調整を行い、今では顔の歪みも以前より大分復位し、それに伴っていたと思われる” 症状 ”も私自身、忘れてしまう位、改善致しました。

そんな折、大昔に治療した右の奥歯に被せていた” 銀歯 “が取れました。
その銀歯は頑丈でびくともせず、一度たりとも取れたことは無く、何十年もガッチリ固定化されていた一番奥の銀歯です。
そんな銀歯が、ある日、” ポロッ “と簡単に取れてしまいました。

私が思うにその銀歯は、歪んでいた時に入れた物だったので、恐らく顔の歪みが「復位」する上で、口の中も変化したので耐えられなくなった様です。😄

その” 顔の変化 ”を初期より「写真」に撮って記録もしてきましたので、適正な時に公開もしたいと思っております。

これからも、そんな私の経験を通して知り得たことも、” 施術 ”を通じてお客様の役に立てれば思っております!

それでは、本年も相変らず宜しくお願い申し上げます。 (^^)